上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.31 余裕
昨日よりも好きだもん
きっと明日は
今日より好きだもん

毎日増える気持ち
抱っこしておけるように

ちょっとだけ
余裕でいたいな。

君でいっぱいになっちゃったら
悔しいもん。
スポンサーサイト
2009.03.31 決意
顔を見て
手足の指を数え
そっと乳房を含ませた。

小さなベッドで
泣きじゃくる君に
そっと歌った子守唄。

ママのお腹を蹴るたびに
歌い聞かせた子守唄

君は嘘みたいに
泣き止んで
小さく穏やかな寝息をたてた。

どんな時も
守ろうと決意した。

小さな掌が
つかみ取る幸せを
とことん応援したいと思った。

君は君の人生を
歩みなさい。

ママは君の一番の
サポーターになるからね。
2009.03.31 刹那
春の雪
乾いた道路を
白く染めあげる。

信号の青を
情緒いっぱいの
ライトに変えて

落ちては消える
短い命

儚げで温かい
春の雪が好き。
2009.03.31 告白
言葉にしたら
半分も伝えられない

そんな気がして
言うのを躊躇った。

言葉にしなきゃ
伝わるはずのない思い

言葉じゃ足りない
大きな思い
こんばんわ。
管理人更紗でございます。

日記の方は、ご無沙汰してましたΣ(ノ∀`*)

詩のUPもそこそこに、最近夢中になってデジタル絵本の作成に
取り組んでいました。

実をいいますと、我が家の王子、発達障害を持っておりまして
親子ともども 日々元気に奮闘してるわけなのですが

その王子が、今回の冬休みにPCで絵本作りをしました。
そのデーターを使って、デジタル絵本を作成してたわけなのです♪

王子の独自の世界観あふれるデジタル絵本。
決して面白いものとは言えないかも知れません。

でも、心を打つ何かがあると私は信じています。

で、ですね。
絵本作家を夢見る王子が、いつか自身の手でデジタル絵本を
作れる日が来ると夢に見ながら王子の絵本サイトをOpenしました。

リンクの一番上にある「Kazuma's Room」が、そうです。

皆様、是非是非ご覧下さいませ<(_ _)>

コチラから直でもご覧になれます

http://zoome.jp/nono-kazu/diary/1/
2009.03.12 こだま
耳に残る声
幸せの余韻

眠りを妨げる記憶
明日の希望を予感する温もり

おやすみなさい。
眠れそうも無い私
2009.03.12 強さ
世の中を斜めに見て
はすに構えて
強気な態度。

それって
なんて言うか知ってる?

「自己防衛」っていうのよ

君は君の弱さを知ってる
だから強がるんだよね

本当に強い人は
まっすぐで優しいの。

強さを履き違えないで
勘違いの強さなんか
女々しいだけよ?

弱さがあったって
いいじゃない。

そっちのほうが
人間らしくて私は好きよ。
2009.03.12 夢?
幸せは
一瞬の夢だって
君は言ったね。

だったら僕は
君より多くの
夢を見てるよ。

幸せだなって
思うとき、
僕にはたくさんあるもの。
2009.03.12 Cold
眠いのに
ベッドに入ると
目が覚める。

ひんやり冷たい
シングルベッドは

癒しと一緒に
寂しさを助長するんだ。

眠いのに
眠たくない
変な感じ。

君と二人なら
睡魔が秒殺してくれるのだろう

冷たいベッドは
嫌いよ。

人恋しくなっちゃうじゃない。
2009.03.05 Time
時計の針を戻すように
時間が操られたら

してみたいこと
いっぱいあるよ

君と一緒に。
2009.03.05 Happy
何でもないことが
幸せなんだって
思える心が
幸せの入り口なのです。

寒い夜に
寒いねって言える
相手がいるとか

作った料理を味わってくれる
誰かがいるとか

幸せに大きいも小さいもないでしょ?

幸せと感じる瞬間が
たくさんあることが

幸多いってことなんだよ。
2009.03.05 余韻
心がぽかぽかになったから
暖かいうちに
抱きしめて寝よう

優しい朝が訪れる
明日を待って。

おやすみなさい
大好きな今日
2009.03.03 凍夜
薄白く
鋭利な三日月が
幻想的で
きゅんとなった夜

凍夜の星座たちは
宝石も及ばぬほどの
静かで確かな存在感で
瞬いていた。

一回り大きくなった掌に
真っ白な息を吹きかけて
星が綺麗と微笑む君と
星座を探した夜。

些細なやりとりが
何よりも愛おしいと思えた。
2009.03.03 雪の華
見渡す限り
真っ白な世界。

じっと春を待つ木々の枝に
新雪の華が咲く

寒い朝
早起きして
愛犬の散歩に出かけ

寒さを忘れて
満開の銀世界に魅入る

北国に生ま育ったことに
心から感謝した。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。