上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.03.03 凍夜
薄白く
鋭利な三日月が
幻想的で
きゅんとなった夜

凍夜の星座たちは
宝石も及ばぬほどの
静かで確かな存在感で
瞬いていた。

一回り大きくなった掌に
真っ白な息を吹きかけて
星が綺麗と微笑む君と
星座を探した夜。

些細なやりとりが
何よりも愛おしいと思えた。
Secret

TrackBackURL
→http://sarasarakirara.blog35.fc2.com/tb.php/145-49e0b90c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。